Explanation眼の病気の解説

網膜中心動脈閉塞症
(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)

網膜中心動脈とは眼に来ている一番太い動脈です。この血管が詰まってしまう病気が網膜中心動脈閉塞症です。脳でいえば、脳梗塞、心臓なら心筋梗塞に相当する病気です。

網膜中心動脈閉塞症が起こると、網膜(ものを見る神経)には血液が流れなくなるので、数時間で視力は回復しなくなります。

心臓の病気(弁膜症、心内膜炎、不整脈など)、動脈硬化症、高血圧症にともなっておこることが多いようです。

おが・おおぐし眼科【網膜中心動脈閉塞症】

症状

中心動脈閉塞症では突然に片方の目の視野全体が暗くなり、視力も大きく低下します。血の通わなくなった網膜はすぐに機能を失うので、短時間で回復不能となります。網膜中心動脈が詰まる前に、片眼が暗くなってしばらくして治るというような前駆症状が起こることがあります。

治療

治療は緊急を要します。血管の詰まりを取るために、眼球をマッサージしたり、様々な薬を使って治療します。しかし、ほとんどの例では網膜は回復せず、視力はほとんど失われてしまいます。両眼に起こることは滅多にありません。