おが・おおぐし眼科【まぶたが下がる(眼瞼下垂)】まぶたが下がる(眼瞼下垂)

【両眼の眼瞼下垂(がんけんかすい)】

眼瞼下垂とはまぶたが下がってしまうことです。

まぶたを持ち上げる筋肉とまぶたの接着が悪くなると、眼を開けにくくなります。程度の差があっても両目に起こることが多く、患者さんは額の筋肉を使って(おでこにしわを寄せて)なんとか眼を開けることになります。老人性眼瞼下垂、コンタクトレンズによる眼瞼下垂などがこのタイプです。

重症筋無力症という病気ではまぶたを開ける筋肉の力が弱くなります。特に疲れてくると筋力の低下が顕著になるので、朝はしっかり開いていても、昼過ぎから開かなくなるなど、一日の中でも眼瞼下垂の程度に差が出ます。

これらの眼瞼下垂は程度の差はあっても、両眼に起こります。

おが・おおぐし眼科【両眼の眼瞼下垂(がんけんかすい)】

【片眼の眼瞼下垂(がんけんかすい)】

脳内の病気や糖尿病性眼筋麻痺などで、まぶたを上げる筋肉を動かす神経がやられる眼瞼下垂がおこります。この場合片眼に起こるのが普通です。

【眼瞼痙攣】

眼瞼痙攣は、自分の意思とは無関係にまぶたの筋肉が痙攣してしまい、うまくまぶたの動きを制御できない状態です。眼瞼下垂とは違いますが、眼を開けられない、つぶっていたほうが楽という症状がでます。眼の不快感が強く、ドライアイとして治療されている例がかなりあります。