おが・おおぐし眼科

 埼玉県上尾市の眼科クリニック 白内障/緑内障/アレルギー/コンタクトレンズ・眼鏡処方

おが・おおぐし眼科
  http://www.oga-ogushi.com/

                 埼玉県上尾市緑丘1−6−1
電話048−776−7445



トップページ

診療理念


診療内容

コンタクトレンズ

院内紹介

医師紹介

眼の病気の解説

眼症状からの検索

アクセスマップ(地図)







乱視
 (らんし)

眼球は精密な意味では完全な球形ではなく、多少のゆがみがあります。ゆがみが強いと、眼球内に入ってきた光が一点で像を結ぶないため、ものが23重に見えたり、にじんで見えたりします。

思春期ころから乱視が極端に進行していく円錐角膜という病気や、けがなどに起因する不正乱視(角膜のゆがみが強い)の場合、眼鏡では充分な矯正ができず、コンタクトレンズをつかうこともあります。

乳幼児に強い乱視があると弱視の原因になりますので、注意が必要です。





前ページへ戻る
おが・おおぐし眼科トップへもどる
copyright (c) 2007 おが・おおぐし眼科