おが・おおぐし眼科【硝子体出血】硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)

網膜の血管からの出血が眼球内部(硝子体)に散ってしまったものです。糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢性黄斑変性症など様々な病気で起こります。そのほか、網膜剥離やケガでもおこります。

おが・おおぐし眼科【硝子体出血】

【症状】

突然墨がたれてくるようになり、見えなくなっていきます。なかには血液の赤い色がみえたりすることもあります。

【治療】

原因となった病気の治療を行ないます。出血が多くなければ、自然に吸収されることもありますので止血薬を内服して様子を見ます。なかなか出血がひかないときは手術をして出血を除去します。