おが・おおぐし眼科【ぶどう膜炎】ぶどう膜炎

虹彩、毛様体、脈絡膜という3つの組織をまとめて「ぶどう膜」といいます。ぶどう膜の炎症をぶどう膜炎といいますが、それぞれの部位に炎症が限局する場合は虹彩炎、毛様体炎、脈絡膜炎というときもあります。

ぶどう膜炎は糖尿病や胃腸の病気など、眼以外の病気に合併することがあります。ぶどう膜炎をきっかけに体の病気(糖尿病、ベーチェット病、サルコイドーシス、潰瘍性大腸炎、若年性リウマチ、結核など)が見つかることもあります。

おが・おおぐし眼科【ぶどう膜炎】

【症状】

ぶどう膜炎の症状はさまざまです。充血、目の痛み、飛蚊症、視力低下など。ぶどう膜の中でも虹彩部分の炎症が強いと、明かりを見ると眼が痛くなります。

【治療】

ステロイドの点眼薬や内服薬を使って治療します。重症の場合はステロイドの点滴をすることもあります。