おが・おおぐし眼科【網膜裂孔】網膜裂孔(もうまくれっこう)

網膜裂孔とは網膜の破れ目のことです。網膜剥離の前段階であり、早期に治療を行い、網膜剥離に進展しないようにしなければなりません。
網膜裂孔は20歳代と50歳代にピークがあります。強度近視のある人は網膜裂孔を起こしやすいため、40-50歳の頃には特に注意が必要です。

おが・おおぐし眼科【網膜裂孔】

【症状】

自覚症状はあまりありませんが、視野のどこかに稲妻のような光が走ったり(光視症)、ゴミのようなものが飛んで見えたり(飛蚊症)することがあります。まれに網膜が破れて裂孔ができた時に出血して、強いかすみが出ることもあります。
網膜剥離になってしまうと、飛蚊症が強くなり、網膜がはがれた部分の視野が欠けていきます。「視野の上のほうからカーテンがかかるように」見えなくなった、などと表現されます。

【治療】

網膜裂孔から網膜剥離に進展しないように、レーザー治療(網膜光凝固術)をします。レーザー治療は網膜がはがれないように糊付けするようなものです。網膜裂孔が時間をおいて複数できたり、反対の眼にできたりすることもあり、定期的に眼底検査をする必要があります。