おが・おおぐし眼科【角膜びらん】角膜びらん

角膜(黒目)の表面が浅く傷ついた状態を「びらん」といいます。「潰瘍」より浅い傷です。眼の表面を浅くすりむいた状態であると考えてもらえればよいでしょう。
原因は様々で、異物やさかさまつげ、コンタクトレンズ障害といった物理的な要因だけでなく、結膜炎、アレルギー性結膜炎、ドライアイなどでも起こります。
角膜びらんが一旦直ったものの、周期的に再発を繰り返す再発性角膜びらんという状態になる人もいます。再発は朝起きた時に突然起こるのが特徴です。

おが・おおぐし眼科【角膜びらん】

【症状】

ゴロゴロとした痛み、流涙(涙っぽくなる)、充血などです。びらんがひどいと、痛みが強くなり眼を開いていられなくなります。まぶしさや、視力低下を起こすこともあります。

【治療法】

傷を治すために点眼薬を使用します。重症なら、眼軟膏を入れて、眼帯とします。
さかさまつげ、異物などの原因があれば除去します。コンタクトレンズは完治するまで中止します。

びらんに細菌などが感染して、角膜潰瘍(重症)になることがありますので、しっかりと治療することが必要です。