おが・おおぐし眼科【結膜弛緩症】結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)

結膜(白目の表面を覆っている薄い膜)が、年齢とともにたるんできてしわを作るため、眼の表面が不整になる病気です。

【症状】

ゴロゴロした異物感、風が当たると涙が出る、目やにがたまった感じなどです。ドライアイとして長年治療されているケースもあります。

【治療法】

まずは眼の表面を保護する点眼薬や炎症をとめる点眼薬で治療します。点眼薬で自覚症状が改善しなければ、手術でたるんだ結膜を切除して、眼の表面をスムーズにします。