おが・おおぐし眼科【強膜炎】強膜炎(きょうまくえん)

眼球の大部分を占める白目は「強膜」という組織です。ここの炎症が強膜炎です。
さまざまな全身の病気(自己免疫性疾患、梅毒、結核、サルコイドーシス、痛風(つうふう)など)などが原因としてあげられていますが、多くは原因不明です。

おが・おおぐし眼科【強膜炎】

【症状】

強い充血、目の痛み(眼球自体の痛み、眼を動かすと痛いなど)。炎症が眼球の奥に及べば、視力も低下します。目やには出ません。

強膜が溶ける例(壊死性(えしせい)強膜炎)では、その部分の強膜が薄くなって、なかのぶどう膜という濃い茶色の部分が透けて見えるようになるため、白眼に黒いところが出てきたように見えます。

【治療法】

主にステロイドの点眼や内服で治療します。もちろん、原因となる病気が判明した場合は、その病気に対する治療を並行して行います。