おが・おおぐし眼科【乱視】乱視(らんし)

眼球は精密な意味では完全な球形ではなく、多少のゆがみがあります。ゆがみが強いと、眼球内に入ってきた光が一点で像を結ぶないため、ものが2重3重に見えたり、にじんで見えたりします。

思春期ころから乱視が極端に進行していく円錐角膜という病気や、けがなどに起因する不正乱視(角膜のゆがみが強い)の場合、眼鏡では充分な矯正ができず、コンタクトレンズをつかうこともあります。

乳幼児に強い乱視があると弱視の原因になりますので、注意が必要です。

おが・おおぐし眼科【乱視】