おが・おおぐし眼科【瞼裂斑炎】瞼裂斑炎(けんれつはんえん)

白目に、黄色に盛り上った斑点が認められることがあります。これは瞼裂斑と呼ばれ、色は白っぽいものから黄色までいろいろあります。ほとんどが黒目の横側(3時、9時の方向)にできます。

原因として、紫外線、ドライアイ、コンタクトレンズによる物理的な刺激などが考えられています。普段はとくに症状はありませんが、炎症をおこすと充血してきます。これを瞼裂斑炎といいます。

おが・おおぐし眼科【瞼裂斑炎】

【症状】

瞼裂斑の部分が充血して赤くなります。ゴロゴロ感などの軽い違和感と少量の目やにがでます。

【治療】

抗炎症の点眼薬で治療します。1週間ぐらいで治癒します。瞼裂斑炎が治癒しても、瞼裂斑は残りますので、しばらくして、再度炎症を起こすこともあります。瞼裂斑は手術で取ることも可能です。