おが・おおぐし眼科【網膜色素変性】網膜色素変性(もうまくしきそへんせいしょう)

網膜色素変性は、網膜(ものを見る神経)の杆体(かんたい)という細胞が障害を受ける病気です。4000~8000人に1人の割合で起こるといわれています。遺伝が関係して発病する場合が多いのですが、遺伝が全く関係せずに発症する場合もあります。

おが・おおぐし眼科【網膜色素変性】

【症状】

暗いところで物が見えにくくなり(夜盲といいます)、徐々に視野が狭くなってきます。ゆっくり進行していくことが多い病気ですが、病状の進行速度には個人差がみられます。

【治療】

網膜色素変性に対しては、残念ながら根本的な治療法がありません。しかし、症状の進行を遅らせる方法として、サングラスの装用やビタミンA・循環改善薬の内服などがあります。現在様々な治療法の研究が行われており、将来の治療法確立に期待が寄せられています。