おが・おおぐし眼科【視神経炎】視神経炎(ししんけいえん)

視神経とは、眼と脳を結ぶ神経です。この神経が炎症を起こすのが視神経炎です。片眼におこることが多いのですが、多発性硬化症という病気があると、両眼に、くり返し炎症を起こすことがあります。

おが・おおぐし眼科【視神経炎】

【症状】

片眼に、数日のうちに進行する、急激な視力低下で発症します。見ようとする部位(視野の中心)が見えない中心暗点を示すこともあります。
また、眼を動かすと眼の奥が痛むこともあります(球後痛といいます)

【治療】

ステロイド薬の点滴治療を行います。ただし、この効果を疑問視する説もあります。ステロイド薬以外では、神経保護作用のあるビタミン剤を使うこともあります。