おが・おおぐし眼科【黄斑浮腫(おうはんふしゅ)】黄斑浮腫(おうはんふしゅ)

網膜(ものを見る神経)の中心部(黄斑部)にむくみが起こった状態です。糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症、加齢性黄斑変性症、などの病気により起こります。白内障の手術後に起こることもあります。

おが・おおぐし眼科【黄斑浮腫(おうはんふしゅ)】

【症状】

黄斑部は視野の中心部分に当たる神経なので、ここがむくむと視野の真ん中が見えにくくなり、視力が大きく低下します。またゆがみを自覚することもあります。

【治療】

原因疾患の治療が第一です。しかし、黄斑浮腫はなかなか引かないこともあり、現在手術も含めた様々な治療法が試みられています。