おが・おおぐし眼科【鼻涙管閉塞症、涙嚢炎】鼻涙管閉塞症、涙嚢炎(びるいかんへいそくしょう、るいのうえん)

下まぶたをめくると、内側に小さな穴があります。ここから鼻やのどにつながっている通り道があり、これを涙道といいます。普段、涙はこの涙道を通って鼻やのどに排泄されていきます。鼻涙管閉塞とは、この涙の通り道がつまった状態です。つまってしまうと涙の流れがなくなり、細菌が繁殖して炎症をおこします。これを涙嚢炎といいます。

おが・おおぐし眼科【鼻涙管閉塞症、涙嚢炎】

【症状】

出口を失った涙は外へあふれ、いつも目に涙がたまった状態になります(流涙)。目やにも多く出ます。炎症が強いと、目頭の辺りが大きく張れて、痛みを伴います。赤ちゃんで、生まれつきの涙目をみたら先天性の鼻涙管閉塞症を疑います。

【治療】

先天性のものは、細い針金で詰まりを通すブジー法を行ないます。
後天性のものには、ブジーをしてもすぐ詰まってしまうことが多いため、抗生物質の点眼薬で治療をします。しっかり治すためには、涙道にチューブを入れる方法や、鼻の骨を少し削って小さな穴をあけ、新しい涙道を作る手術を行います。