おが・おおぐし眼科【ものもらい(麦粒腫)】ものもらい(麦粒腫)

まぶたには、あぶらや汗の分泌腺があります。そこが細菌に感染し膿んでしまうのが「ものもらい」です。正式には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」といいます。麦粒腫に似た病気に「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」あり、注意が必要です。

おが・おおぐし眼科【ものもらい(麦粒腫)】

【症状】

最初はまぶたの一部に重い感じ、違和感が現れます。その後、腫れて赤くなり、目やにと強い痛みが出てきます。腫れているところには膿がたまっていて、いずれ自壊し排膿して治癒します。

【治療】

抗生物質の目薬や内服薬で治療します。腫れが強い場合は、針などで軽く刺して、排膿すると早く治ります。