おが・おおぐし眼科【ヘルペス角膜炎】ヘルペス角膜炎

単純ヘルペスというウイルスによる、角膜(黒目)の感染症です。このウイルスは誰でも子供の頃に感染し、体の神経組織に潜んでいます。普段はまったく悪さをしませんが、発熱、ストレスなどをきっかけにして活動を開始し、角膜ヘルペスをおこします。
角膜表面に潰瘍を作ったり、角膜深部に炎症をおこし角膜浮腫(むくみ)を生じたりします。炎症のため、眼圧が高くなることもあります。

おが・おおぐし眼科【ヘルペス角膜炎】

【症状】

自覚症状としては、潰瘍ができれば、充血、ゴロゴロ感、まぶしさなど、角膜浮腫がでれば視力がかなり低下します。

【治療】

ヘルペスウイルスに効果的な眼軟膏や点眼薬で治療します。一度治っても、体調を崩すと再発することがあります。何度も再発しているうちに、視力が改善しなくなることもあるため、体調管理にも充分気をつける必要があります。