おが・おおぐし眼科【眼内炎】眼内炎(がんないえん)

眼内炎は眼球の内部が、細菌や真菌(カビ)に感染して膿んでしまうものです。原因菌は、手術の傷口から眼内に侵入する場合と、体の他の部分に感染していた菌が血液に乗って眼内に入る場合があります。
眼内炎は非常に重篤な感染症で、最大限の治療を施しても、眼を救えないこともあります。

おが・おおぐし眼科【眼内炎】

【症状】

眼内炎の症状は、視力の低下、眼球の痛み、充血、結膜浮腫、目やに、などです。

【治療】

眼内炎は緊急を要する病気です。視力を守るためにはすみやかな処置が必要です。重症のケースでは数時間の遅れが失明につながることもあるため、治療はただちに開始されます。原因菌に応じて抗生物質を選択し、投与します。
抗生物質だけでは眼内炎を抑えきれないため、多くの場合、手術治療も行います。

おが・おおぐし眼科【治療】