おが・おおぐし眼科【角膜潰瘍】角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜(黒目)に深い傷(潰瘍)ができた状態です。細菌や真菌(カビ)、特殊なアレルギーなどが主な原因です。コンタクトレンズの不適切な使用で角膜潰瘍を起こすケースがあります。重症化すると失明に至ることもある怖い病気です。

おが・おおぐし眼科【角膜潰瘍】

【症状】

強い痛み(ゴロゴロ痛い、光を見ると眼が痛い)、充血、目やに、視力低下などの症状が出ます。

【治療】

潰瘍の原因を考え、治療を選択します。細菌が原因なら細菌に効く抗生物質の点眼や内服、注射をします。真菌(カビ)による潰瘍ならば、カビに効く抗真菌薬を使います。
完治するまでしっかり治療をすることが大切です。完治しないうちにコンタクトレンズを使用するのは絶対にやめて下さい。