おが・おおぐし眼科【コンタクトレンズによる眼障害】コンタクトレンズによる眼障害

【角膜びらん】

角膜(黒目)の表面に浅い傷ができた状態です。ドライアイの人はハードレンズ、ソフトレンズを問わず、角膜びらんができやすい傾向があります。多くの場合、レンズ装用を数日中止するだけで治りますが、時には角膜潰瘍などへと進行し、重症化するケースもあります。 ⇒詳しく

おが・おおぐし眼科【角膜びらん】

【角膜潰瘍】

角膜びらんから角膜潰瘍へと進展します。コンタクトレンズによる角膜潰瘍は細菌や真菌によるものが多く、不適切なレンズの取り扱いやレンズケースの汚染が考えられます。繰り返し使うタイプのソフトコンタクトレンズ使用者に発症頻度が高く、1日交換タイプのソフトコンタクトレンズ使用者には少ない傾向があります。 ⇒詳しく

おが・おおぐし眼科【霰粒腫】

【巨大乳頭結膜炎】

コンタクトレンズに付着した汚れに眼が反応して、上まぶたの裏側にブツブツが生じるタイプの結膜炎です。主にソフトコンタクトレンズ装用者(使いまわしタイプ、2週間交換タイプ)に多く見られます。

症状は、かゆみ、目やにに加え、コンタクトレンズをしてしばらくすると、眼がつらくなってくる、コンタクトレンズが上にずれやすくなる、などです。

原因はレンズの汚れですから、コンタクトレンズの装用を中止すれば症状は改善します。完治すれば再びコンタクトレンズを使うことはできますが、レンズが汚れてくると、また再発してしまいます。レンズケアをしっかり行い、点眼薬を併用することで同じレンズを使っていけることもありますが、たびたび再発する場合、1日交換タイプのソフトコンタクトレンズなどに変更します。

おが・おおぐし眼科【巨大乳頭結膜炎】

【角膜浮腫】

コンタクトレンズを長時間装用しすぎると、角膜(黒目)が低酸素状態になり、角膜に浮腫(むくみ)を生じます。激しい眼痛、流涙、充血、まぶしさ、視力の低下が起こります。通常、数日の装用中止で改善します。

【角膜血管新生】

角膜は透明な組織でもともと血管はありません。しかしコンタクトレンズを不適切に使用したり、長期間レンズを装用していると、眼が酸素不足になり、角膜に血管が侵入してきてしまいます。これを角膜新生血管といいます。レンズの装用時間を短くしたり、酸素透過率の高いレンズに変更したりして、眼の環境を整えることで治療していきます。

【角膜血管新生】

角膜内皮細胞は角膜の透明性を維持するために重要な細胞です。この細胞が減ってしまうと角膜は濁ってしまい、視力を失ってしまいます。長期間コンタクトレンズを使っていると、この細胞が減っていることがあり注意が必要です。レンズの装用時間を短くしたり、酸素透過率の高いレンズに変更したりして、対応します。

おが・おおぐし眼科【角膜血管新生】

【眼を守るために】

コンタクトレンズは高度医療器具です。

眼を守るために、コンタクトレンズは正しい使い方をしましょう。おかしいと感じたら、すぐにコンタクトレンズを中止して、専門医の診察を受けることが大切です。特にソフトコンタクトレンズでは、眼に障害があっても、痛みを感じにくいので無理をして装用しがちです。重症化してしまうと、失明してしまうことすらあります。

コンタクトレンズを中止しても生活に困らないように、度のあった眼鏡を必ず用意しておいてください。