おが・おおぐし眼科【網膜剥離】網膜剥離(もうまくはくり)

右の写真のように網膜がはがれて浮いてきてしまう病気です。網膜裂孔の部分からはがれ始め、範囲が拡大していきます。20歳代と50歳代に発症のピークがあります。

おが・おおぐし眼科【網膜剥離】

【症状】

初期のうちは、自覚症状があまりありませんが、視野のどこかに稲妻のような光が走ったり(光視症)、ゴミのようなものが飛んで見えたり(飛蚊症)することがあります。まれに網膜が破れて裂孔ができた時に出血して、強いかすみが出ることもあります。
網膜剥離になってしまうと、飛蚊症が強くなります。剥離した網膜は光を感じる機能を失うため、網膜剥離が進行してくると、その範囲に一致した視野欠損が生じます。「視野の上のほうからカーテンがかかるように」見えなくなった、などと表現されます。
網膜の中心部がはがれると、著しく視力が低下します。

【治療】

裂孔原性網膜剥離は手術で治します。硝子体手術と、輪状締結術があります。網膜剥離の状態から適切な術式を選択します。