おが・おおぐし眼科

 埼玉県上尾市の眼科クリニック 白内障/緑内障/アレルギー/コンタクトレンズ・眼鏡処方

おが・おおぐし眼科
  http://www.oga-ogushi.com/

                 埼玉県上尾市緑丘1−6−1
電話048−776−7445



トップページ

診療理念


診療内容

コンタクトレンズ

院内紹介

医師紹介

眼の病気の解説

眼症状からの検索

アクセスマップ(地図)









網膜前膜
(もうまくぜんまく)

網膜とは、ものを見るための膜状の神経で、眼球の内側に張り付いています。カメラにたとえるとフィルム、映画ならスクリーンに相当します。
網膜前膜とは、この網膜の上に、さらにもう一枚の線維状の薄い膜が張り付く病気です。張り付いた膜は収縮しやすいため、網膜もつられて収縮し、しわが寄ってしまいます。

網膜前線維症、セロハン黄斑症などとも呼ばれています。



【症状】

軽いうちはほとんど症状がありません。
網膜にしわが寄ってしまうと、ものがゆがんで見えたり、ものの輪郭が毛羽立って見えたりします。

【治療】

ゆがみがひどく、視力が低下するようなら、手術で膜を除去します。網膜のしわの原因となっている膜を取り除くことで、網膜のしわが伸びていきます。
ただし、網膜のしわの強さや、膜が張っていた期間により、手術効果には差があり、視力がどれくらい回復するかは個人差があるようです。




前ページへ戻る
おが・おおぐし眼科トップへもどる
copyright (c) 2007 おが・おおぐし眼科