おが・おおぐし眼科

 埼玉県上尾市の眼科クリニック 白内障/緑内障/アレルギー/コンタクトレンズ・眼鏡処方

おが・おおぐし眼科
  http://www.oga-ogushi.com/

                 埼玉県上尾市緑丘1−6−1
電話048−776−7445



トップページ

診療理念


診療内容

コンタクトレンズ

院内紹介

医師紹介

眼の病気の解説

眼症状からの検索

アクセスマップ(地図)







加齢性黄斑変性症
(かれいせいおうはんへんせいしょう)

網膜とは、ものを見る神経です。この網膜の一番大切なところ(黄斑部)に異常な血管が生えてきてしまうために、その血管からの出血や、漏出により視力が低下します。高齢者に多くみられ、欧米では失明原因のトップの病気です。最近わが国でも急増しています。
原因ははっきりわかっていません。

【症状】

黄斑部はちょうど視野の真ん中に当たるので、ここが病気になると、視野の中心が見えない、ものが歪んで見える、などの症状が出ます。

【治療】

以前は、積極的治療としてはレーザー光凝固しかありませんでした。
最近になって光線力学療法などが臨床応用され、これまで治療できなかったような症例も治療できるようになっています。
場合によっては手術も行われています。しかし、いずれの方法も万能ではなく、どんな症例にも効くというわけではありません。もっとも適した方法を選ぶということになりますが、依然として治療の難しい病気であることに変わりはありません。





前ページへ戻る
おが・おおぐし眼科トップへもどる
copyright (c) 2007 おが・おおぐし眼科